神奈川県横浜の税理士 鈴木税理士事務所
税理士
鈴木税理士事務所 税理士 横浜 サービス 横浜の税理士 事務所 会社設立 税理士 横浜 神奈川

横浜の税理士 鈴木税理士事務所 コラム

2008年12月
遺言書の言葉で、「遺贈する」と「相続させる」とに大きな違いが


遺言書の言葉の使い方に注意


「遺贈する」という言葉を平たく言うと、遺言により「与える」「譲る」「あげる」

などの言葉 になります。


遺言書を書くとき、「私が死んだら私の土地・ 建物を相続人Aにあげる」と書いた場合と、

「私が死んだら私の土地・建物を相続人Aに相続さ せる」と書いた場合と

では以下の点で大きな違 いがありますのでご注意ください。


言葉の使い方ひとつで、面倒な手続きが必 要になったり、知らないと余分な

税金を払う結 果となってしまいます。


登記に必要な書類


所有権移転登記手続きをする際に、「遺贈 する」と書いた場合は、

他の法定相続人と共同で登記申請をしなければなりません。


このため、法定相続人全員の印鑑証明書 等を必要とし大変手間がかかります。


また、相続人間で争いがある場合は、他の相続人から協力を

受けるのが困難なため、家庭裁判所に遺言執行者の選任の請求を

しなければならないかも知れません。


これに対し、「相続させる」と書いておけば、不動産を相続する人が

単独で申請することができるので、登記手続きが簡単になります。


登録免許税


不動産を相続した場合の所有権移転登記 に要する登録免許税ですが、

「遺贈する」とした場合は、不動産の価格の1000分の20ですが、

「相続させる」とした場合は、

1000分の4になります。

ただし、「遺贈する」とした場合でも

相続人であることを証する戸籍謄本等を添付し て登記申請を行えば、

1000分の4の税 率が適用されます。


不動産取得税


「相続させる」とした場合や相続人に対 し「遺贈する」とした場合は、

不動産取得 税は課税されませんが、「贈与」した場合や、

相続人でない親族などに「遺贈」した場合 は不動産取得税が課税されます。




横浜の税理士 鈴木税理士事務所 (神奈川県全域対応致します)
税理士 横浜

Copyright(C)2004:横浜の税理士 鈴木税理士事務所 All rights reserved